無線LAN研究室

無線LAN研究室
Written by Japanese!

無線LAN
無線LANとは
変調方式
通信モード
通信フレーム
無線LANの規格化
アクセス制御
セキュリティ技術
ホットスポットサービス
ホットスポットサービスとは
現在のホットスポットサービス
ホットスポットサービスにおけるセキュリティ技術
リンク
情報サイト・団体
ソフトウェア
Web koba.to   
ここ数年、急速な勢いでネットワーク技術が発達しています。それに伴い、ネットワーク網の規模は拡大し、通信機器や接続形態の多様化も進んでいます。その基盤となっているのはUTPや光ファイバ、同軸ケーブルなど有線メディアによるネットワークですが、配線の必要がないため手軽に設置でき維持費用も低い無線ネットワークも注目を集めています。

IEEEという団体によって統一規格が確立され、その代表であるIEEE802.11bは、低コストで配線のわずらわしさから逃れることができる便利さのためユーザは増え続けています。その他、より広帯域で通信を行うことができるIEEE802.11aやIEEE802.11gという技術も普及がはじまりつつあります。

例えば家庭内無線LANにおいてはノートPCを持ちながら自由に家を歩き、どこでもネットワークに接続できるという利点を持ちます。また、有線によるネットワーク構築が困難である過疎地などでは無線WANを組むことによって、比較的簡単に設置が済み、コストを抑えながら広いネットワーク網を構築しています。

また一方、ホットスポットと呼ばれるサービスも増加しています。ホットスポットサービスとは、屋外でも免許なしで運用できる2.4GHzの電波を利用し、普及しはじめたIEEE802.11bを中心とする無線LANの技術を応用してカフェやファーストフード・駅・ホテルなどでインターネットへの接続性を提供しようというものです。

しかし、まだ登場して日が浅い無線LANは通信速度やセキュリティ・電波の干渉・通信方式の統一などに関する問題が残されています。これらの問題は徐々に改善されてはいますが、技術の完成には遠い状態です。

当サイトでは無線LAN全般について解説を行いながら、そのあり方と問題点について考えます。


Copyright (C) Toshiyuki Kobayashi 2001-2004 All rights reserved. Yahoo! JAPAN 無線LANカテゴリ
●当サイトはYahoo! JAPAN掲載サイトです